第246回 良質のフィードバック

第246回 良質のフィードバック 今回の配信では、日常においての刺激や楽しさ、熱中するものには良質のフィードバックがあるのではないかという、話をゆるくお話しています。学びにおいてのフィードバックの質や感じ方など、継続する上での一つのヒントになる、、、かもしれません。お楽しみに!

感想をお待ちしています。→ http://podcast.kk-k.net/ 各回の記事にコメントください!。 また、こちらのサイトの記事に、番組中に話題にした項目のサイトのリンクも入れておりますので、ご興味のある方、御覧ください

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする

『第246回 良質のフィードバック』へのコメント

  1. 名前:なんぷうどう 投稿日:2020/06/05(金) 09:29:00 ID:515348d72 返信

     遠隔授業がメインになった今年度になって、「授業の運営は毎日3度3度の食事の管理に似ているなあ」とますます思います。
     下ごしらえちゃんとして手をかけた食事も、出来合いのおかずを並べても一回の食事は一回。授業も、1から自分自信で仕込むことも、出来合いの教材を流用することもできますよね。

    「フィードバック」は食事に例えると「食卓での会話」なんじゃないかと思います。
     栄養の値のつじつまがあえば、食事としては成立するという方もおられるでしょうけど、「おいしい」という感覚や体験は、食べる温度や鮮度・食事時間の場のムードや食卓での会話と深く繋がっていると思います。

     教材つくりに追われるとフィードバックに手が回らなくなる現状ですが、じつはフィードバックこそが授業の本質なんじゃないかと思っています。長く続くリズムで、謙虚にたんたんとフィードバックし続けるために、今、まさに試行錯誤中でした。よい放送をありがとうございました!!

  2. 名前:K.Kuriya 投稿日:2020/06/06(土) 19:29:49 ID:2eb8cebec 返信

    なんぷうどう先生!

    Podcastの配信への「良質なフィードバック」をどうもありがとうございます!(^ ^)/
    とても とても嬉しいです。

    そして 『 「フィードバック」は食事に例えると「食卓での会話」 』、本当にその通りだな〜って思います。(^-^)

    授業の「おいしさ」を学生と共感しあいたいですし、そのためにフィードバックが大切で、それこそが本学が「デジタルコミュニケーション学部」たるところかな と思っています。

    引き続き、なんぷうどう先生から たくさん勉強をさせていただきたいと思っています!(^ ^)